礼文町では、日本最北の有人島として北海道北端の日本海上に位置する一島一町の漁業と観光を主産業とした町です。

また、「利尻・礼文・サロベツ国立公園」の一角をなす本島は、別名『花の浮島』と呼ばれ、レブンウスユキソウやレブンアツモリソウなど、ここでしか見ることのできない高山植物が島全体を覆い、多くの観光客を魅了しています。

しかしながら、人口減少や高齢化により過疎化が進む本町では、地域力の低下や将来を担う若者の流出等により、地域の活力が失われつつあります。

このため、地域住民とともに地域の元気づくり・地域の活性化に取り組んでいただける「地域おこし協力隊」を募集します。

雇用関係の有無あり
業務概要文化財の普及活用に関すること
町内の文化財・文化遺産の調査・普及・活用業務、並びに郷土資料館に関する業務
募集対象・年齢は22歳以上35歳以下とし、性別は問いません。
・大学卒業時に人文系学芸員の資格に係る科目の単位を取得している方、若しくは取得見込みの方で、特に考古学あるいは歴史学(日本史)を専攻した方。
・普通自動車運転免許を取得している方。(MT、AT限定問わず)
・パソコンを活用できる方。
・申し込み時点で3大都市圏または地方都市等(過疎法に定める過疎地域以外)に在住し、採用後に礼文町内に住民票を異動し居住していただける方。
・地域おこし協力隊としての活動期間終了後も、礼文町内おいて定住し、就業する意欲を持っている方。
・地方公務員法第16条に規定する一般職員の欠格条項に該当しない方。
募集人数1名
勤務地礼文町内(常勤場所は礼文町教育委員会事務局)
勤務時間原則として、月曜日から金曜日の8時30分~17時15分
時間外・休日勤務がある場合は代休措置します。
雇用形態・期間町の委嘱を受け、臨時職員として活動していただきます。
期間は、委嘱の日から平成30年3月31日まで(ただし、双方の意思により1年毎に更新することが可能であり、最長で3年間まで延長が可能)
給与・賃金等1年目:月額18万円(社会保険料等が控除されます)
2年目:月額19万円(社会保険料等が控除されます)
3年目:月額20万円(社会保険料等が控除されます)
待遇・福利厚生・社会保険、雇用保険は加入します。
・採用初年度には10日間の有給休暇を付与します。
○活動期間中の住居は町で用意します(規定の住宅料を徴収します)が、必要最小限の生活備品については個人で調達してください。
・自家用車を所有する場合は、通勤に使用する場合もありますので、その場合は燃料代を一部補助します。
・採用決定後、礼文町に赴任する場合には規定の旅費を支給します。
申込受付期間2017年04月21日~2017年08月30日
審査方法応募用紙に履歴書を添付し、郵送してください。
〔第1次〕書類選考の上、応募者全員に結果通知
〔第2次〕必要に応じ面接により決定
※ただし、期間内であっても採用者が決定した場合は、受付を終了します。
<書類の提出先>
〒097-1201
北海道礼文郡礼文町大字香深村字トンナイ558番地5
礼文町役場 総務課 地域おこし協力隊担当
参考URLhttp://www.town.rebun.hokkaido.jp/hotnews/detail/00001152.html
備考募集に関する質問は、下記担当までお知らせください。(電話、FAX、メールいずれかも可)なお、応募者が複数の場合は、考古学専攻者、埋蔵文化財発掘調査経験者、文化財等普及活用業務経験者を優先します。

お問い合わせ先

礼文町役場 総務課 地域おこし協力隊担当
〒097-1201 北海道礼文郡礼文町大字香深村字トンナイ558番地5
TEL:0163-86-1001 FAX:0163-86-1007
URL:http://www.town.rebun.hokkaido.jp/