北海道洞爺湖町

洞爺湖町は、北海道の中央南西部、支笏洞爺国立公園内に位置し、湖(洞爺湖)と山(有珠山)と海(噴火湾)に囲まれた自然豊かなまちです。

特に、自然景観に恵まれている洞爺湖温泉は、多くの観光客が訪れる北海道有数の観光地となっております。

産業構成は、サービス業を中心に、農漁業、商工業と都市型の産業構造となっており、とりわけ観光地であることから第3次産業が70%を占めております。また、国・道と比較すると第1次産業の割合が非常に多く、農業では、野菜をはじめとしたいも類、豆類、水稲等の生産と畜産が行われ、特にセルリー、赤葉大シソは北海道でもトップクラスの生産量を誇っております。漁業では噴火湾でのホタテの養殖を中心に、「ホタテ、うに、かれい」などの水産加工業が盛んです。

日本を取り巻く少子高齢化の影響は、あらゆる面での担い手不足や地域の高齢化を進行させ、地域の機能維持が困難な状況を引き起こしています。

そこで、洞爺湖町では、平成26年度より都市部の人材や新たな発想・能力を積極的に「地域おこし協力隊」として誘致し、その定住・定着を図り地域力の維持・強化に資するため「地域おこし協力隊」を採用しています。

平成29年度におきましても、洞爺湖町内での地域協力活動をとおして起業・就業を目指す意欲あふれる方の応募をお待ちしております。

雇用関係の有無あり
業務概要 洞爺湖の内水面漁業の振興に係る支援活動として、以下の取組みの実施に関し、活動のできる方を募集します。

 <洞爺湖漁業協同組合への活動支援内容>
 洞爺湖漁業協同組合(内水面漁業)は、昭和24年10月6日に設立されました。主
な事業としては、洞爺湖内水面漁業活動(水産資源の管理及び水産動物の増殖等)とし
ております。近年は、職員の高齢化と担い手不足により組合経営も厳しく、専門事務職
員もいないことから、地域おこし協力隊を採用し、洞爺湖の内水面漁業支援活動として
以下の業務を行うこととなります。
○漁業組合に係る事務全般(総会資料、補助金申請等、ホームページの更新)
○ワカサギ、ヒメマス、サクラマスの増養殖事業(現地での採卵や放流)
○遊漁関係(遊漁者への情報提供、現地の見回り監視等)
○特定外来生物(ウチダザリガニの捕獲、調査、事務処理等)
○漁獲物の販売関係
※条件 二級小型船舶操縦士の免許を所有されている方、又は、所有される見込みの方。

「地域おこし活動」
 活動終了時の起業・就業を目指すための隊員の特性に合わせた地域協力活動や自主的な研修、研究活動。
募集対象① 年齢は平成29年4月1日現在20歳以上の方
② 都市地域等※から洞爺湖町に住民票を異動し移住する方(お住まいの地域が
  過疎地域などの条件不利地域に指定されていないこと)
③ 普通自動車運転免許証を取得している方
④ パソコンをメールのやり取り等で日常的に利用している方
⑤ 心身共に健康で誠実に業務を行うことが出来る方
⑥ 研修等を受講し、活動期間終了時に洞爺湖町において起業・就業して定住す
  る意欲のある方
⑦ 住民と協力しながら、地域を元気にするために意欲的に駆動できる方
⑧ 地方公務員法第16条に規定する一般職員の欠格条項に該当しない方

※都市地域等:3大都市圏(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、岐阜県、愛知県、三重県、京都府、大阪府、兵庫県及び奈良県)と政令指定都市または地方都市(過疎、山村、離島、半島等の地域に該当しない市町村)
募集人数1名
勤務地洞爺湖町内
勤務時間① 勤務日は原則、月曜日から金曜日までとします。
  (日曜日、土曜日、祝日、12月31日から翌年1月5日までは休日とします。)
② 1日7時間・週35時間勤務を基本とします。
  (標準勤務時間:午前9時から午後5時まで)※業務内容により変動する場合あり。
③ 休日に勤務された場合は、代休を付与します。
雇用形態・期間洞爺湖町の嘱託職員として洞爺湖町長が任用します。
期間は、採用の日から平成30年3月31日までとします。
次年度から年度ごとに任用ができるものとし、任用の最長期間は3年とします。
町長は、隊員として相応しくないと判断した場合には、任用を取り消すことができるものとします。
※次年度の雇用については、毎年度末の3月にミーティングにて、地域貢献度により判断をさせていただきます。)
給与・賃金等月額180,000円(賞与なし)
待遇・福利厚生○社会保険等(厚生年金・健康保険・雇用保険)に加入いただきます。
○有給休暇、特別休暇付与
○活動期間中の住居の内、月額5万円を上限に町が負担します。
○活動車両は、自家用車両を持ち込み下さい。月額1万5千円を借上料と燃料費
 として支給します。
○通信連絡費(通信費及びパソコン等借上料)月額2千円を支給します。
○定住に向けて必要となる環境整備に要する経費(空き店舗改修による活動拠点
 整備や空き屋改修による住環境整備など)について、様々な補助制度がありま
 す。
○本町までの交通費、引越費用、建物火災保険料、生活備品、光熱水費、その他
 経費は本人負担となります。
申込受付期間2017年04月03日~2018年03月31日
審査方法① 応募受付期間
  平成29年4月より随時(郵送で受け付けます。)
② 提出書類
  ・履歴書(写真貼付、必ず携帯以外のメールアドレスを記入すること)
  ・運転免許証のコピーまたは住民票(本人分)
  ・地域おこし協力隊活動目標レポート
    「地域おこし協力隊に活かしたい私の能力」と「将来洞爺湖町でどのように
    起業就業をしたいか」のふたつをテーマとしてあわせて千字程度」(体裁は自
    由。)でレポートを作成し提出して下さい。
   ※選考結果に関わらず、応募書類は返却しませんので御了承下さい。

③ 申し込み・お問い合わせ先
  〒049-5692 北海道虻田郡洞爺湖町栄町58番地
   洞爺湖町役場経済部産業振興課地域振興グループ 【担当:秦野】
   Tel 0142-74-3005 Fax 0142-76-4727
   E-mail:chiiki@town.toyako.hokkaido.jp

④ 第1次選考 書類選考の上、概ね10日以内に文書またはメールで通知します。
⑤ 第2次選考 第1次選考合格者を対象に、洞爺湖町役場で第2次選考試験(面接)
  を行います。(詳細については、第1次選考結果の通知の際にお知らせします。)
  第2次選考試験のために必要な交通費等は個人負担となります。
⑥ 最終選考結果の報告 最終結果報告は、2次選考後、概ね1か月以内に文書で通知
  します。
  
※選考の経過及び結果についての問い合わせには応じられませんので予めご了承ください。
参考URL
備考○募集に関する質問は、「地域おこし協力隊募集に係る質問事項について」と、見
 出しを付して文書により行う。
○郵送、ファックス、メールで行うこと。電話での質問は受け付けないので留意す
 ること。
○質問書には「質問内容」の他、「住所」「氏名」「ファックス又はEメールアドレス」
 を明記すること。
○質問に対する回答は、質問者にメール又はファックスで回答します。

お問い合わせ先

洞爺湖町経済部産業振興課
〒049-5692 北海道虻田郡洞爺湖町栄町58番地
TEL:0142-74-3005 FAX:0142-76-4727
URL:http://www.town.toyako.hokkaido.jp/settle/chiikiokoshikyouryokutai/